main_tag

近年、化学工場・自動車工場等の跡地の再開発に伴い、土壌汚染や地下水汚染が顕在化してきています。 工場からの排水等の漏洩や不法投棄等不適切な処理により、有害物質等が土壌中に排出され、土壌だけに止まらず地下水や河川、海域まで汚染範囲が拡大しています。 土壌汚染は、様々な経路から人の健康に影響を及ぼすことから、環境省より国民の健康を保護することを目的とし、土壌汚染対策法が平成15年2月15日に施行されました。 私たちは、土壌、農用地、底質等について汚染されていないか、人の健康に影響を及ぼすおそれがないか検査しております。

土壌・底質分析に関する費用について​

詳しくはお問い合わせからお見積もりを行ってください。すぐに返答いたします。

有害物質には現在26物質が定められております。​

1. 第1種 特定有害物質 揮発性有機化合物(11成分)
● 調査方法:溶出試験
2. 第2種 重金属等(10成分)
● 調査方法:含有試験、溶出試験
3. 第3種 特定有害物 農薬等(5成分)
● 調査方法:溶出試験

土地の土壌調査が必要な場合は?​

1. 土地の売買をしたい場合
2. 不動産価格の評価をしたい場合
3. 行政から指示を受けた場合
4. 土地が汚染せれていないか心配な場合

農用地の土壌の汚染防止等について​

農用地の土壌に含まれる特定有害物質により、
「人の健康をそこなうおそれがある農畜産物が生産され、又は農作物等の生育が阻害されることを防止」
することを目的として制定されています。

【 特定有害物質及び指定要件 】
1. カドミウム及びその化合物:0.4mg/kg以上である地域又は、そのおそれが著しい地域。
2. 銅及びその化合物:125mg/kg以上であると認められる地域。
3. 砒素及びその化合物:15mg/kg以上であると認められる地域。

土壌含有量調査

土壌溶出量調査

土壌環境基準項目

農用地汚染防止項目・
農用地重金属蓄積防止項目

油汚染対策ガイドライン

ご依頼・
打ち合わせ

まずはお問い合わせ下さい。Tel.0120-285-413 メールでのお問い合わせは こちら

検査計画
策定

お客様のご要望に沿った検査項目、検査頻度をご相談させて頂きます。

試料
サンプリング

スタッフがお伺いし、試料を採取致します。お客様で採取される場合は事前に容器を送らせて頂きます。

分析

公定法に基づき分析をいたします。分析日数は項目、検体数により異なります。
※基準値を超過した場合は速報でお知らせします。

報告書作成・
提出

計量証明書を作成し、 お客様に送付いたします。
製造業に関わる検査と分析
建設業・不動産業・採石業・砂利採取業の検査と分析
廃棄物処理業に関わる検査と分析
ビル管理業に関わる検査と分析
サービス業関連の検査と分析
農業・林業・漁業に関わる検査と分析
宿泊業・生活関連サービス業・娯楽業の検査と分析
教育・学習支援業・学術研究・医療・福祉の検査と分析
一般家庭に関わる検査と分析
水道業・ガス・電気・熱供給に関わる検査と分析

おいしい水

工業系の検査・分析・測定

〒525-0066
滋賀県草津市矢橋町649番地
【お問い合わせ】
フリーダイヤル:0120-285-413
TEL:077-562-4978
FAX:077-562-9016
お問い合わせフォーム

Copyright©2014 検査分析.com All right reserved.

【 土壌汚染対策法(第2種特定有害物質:重金属等) 】

【 土壌汚染対策法(第1種特定有害物質:揮発性有機化合物) 】

【 土壌汚染対策法(第2種特定有害物質:重金属等) 】

【 土壌汚染対策法(第3種特定有害物質:農薬等) 】

【 土壌の汚染に係る環境基準について 】

【 農用地汚染防止項目 】

【 農用地重金属蓄積防止項目 】

【 油汚染対策ガイドライン測定項目・油臭程度 】

【 油膜の判定 】

【 TPH試験法 】

【 水底土砂に係る判定基準 】

【 底質の環境基準 】


【 底質の暫定除去基準について(乾燥重量当たり)】


【 底質調査法分析項目 】